ブログトップ

PCセキュリティ四方山話

spysweeper.exblog.jp

アンチウィルス、アンチスパイウエア等PCセキュリティに関する四方山話

スマートフォンのウイルス

e0224062_1838141.gif



こんにちは。
雨が降ったり、晴れたり…。
梅雨時の空は忙しいですね。

さて、本日は…

Androidマーケットでウイルスが…



ウイルスが仕込まれたアプリがまた新たに"Androidマーケット"で発見されたようです。

以下はニュースから…
『当初、このウイルスが仕込まれたアプリケーションは無害だったものの、
「Magic Photo Studio」という悪意あるデベロッパがオリジナルのアプリ
ケーションをダウンロード、ウイルスを仕込んだ上で"Android マーケット"に
再アップロードしたということです。
悪意のあるデベロッパは「Magic Photo Studio」以外に「BeeGoo」、
「Mango Studio」といったデベロッパの名前があがっています。
このウイルスは、トロイの木馬「DroidDream」の亜種で、Googleは既に
"Android マーケット"から、これらのデベロッパを削除しています』
(livedoorニュースより抜粋)

これは、氷山の一角ではないかと思います。
AndroidはAppleよりウイルス感染は高いです。

その理由とは?

不正プログラムに関しては、iOS、Android両方にあるようですが、
iOSのほうが感染の確率は低いようです。

理由としては、2点あり、
一点目はandroidはソースコードが公開されていること。
これは、誰もが協力し、品質を上げられるというメリットがありますが、
逆にソースをさらしているため、それを悪用できてしまうところが
デメリットです。

二点目は、アプリの導入先。
Appsのダウンロード元であるApp storeは厳しい審査があり、
怪しいアプリなどはアップロードできません。
そのおかげで不正プログラムに引っかかる可能性は少なくなります。
Androidの市場は特に規制があるわけではないので、
不正プログラムも含め、誰でも容易にUPできてしまいます。

これから進化するスマートフォンですが、それに乗じて様々なウイルスや
スパイウェアもあわせて進化していくことは誰でもわかることですね。

今後、spysweeperも早急に対応する予定ではありますので、
ご検討宜しくお願いします。

Twitterでもセキュリティ全般のつぶやきなどをしているのでフォローお願いします。
アカウント名はSpysweeperJapanです。よろしくお願いします。

ありがとうございました。
[PR]
by spysweeper | 2011-06-08 18:39 | セキュリティ全般