ブログトップ

PCセキュリティ四方山話

spysweeper.exblog.jp

アンチウィルス、アンチスパイウエア等PCセキュリティに関する四方山話

ウイルス作成罪

e0224062_19224755.gif

こんにちは。
最近は天気がころころ変化しますね。
そういえば、今年の夏は、節電対策として電車内のエアコンを
正午から3時まで停止させるそうです。
外回りの営業は大変そうですね。

さて、本日ですが、先日お話させて頂いていたこの話(その内容はこちら)の続きです。
そして…

ウイルス作成罪を創設、改正刑法が成立

『コンピューターウイルスの作成を犯罪とし、被害が発生していなくても処罰できることなどを定めた改正刑法と関連法が、17日午前の参院本会議で与野党の賛成多数で可決され、成立した。コンピューターネットワークを利用したサイバー犯罪への対応強化が目的で、一部を除き7月に施行される。
改正法は、正当な理由なくコンピューターウイルスを作成、提供した者を「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」に処すると規定。ウイルスを取得、保管した者についても、「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」を科すことを定めた。
また、改正法は、わいせつな内容の電子メールを不特定多数に送信した者にも刑罰を科すことを定め、「2年以下の懲役または250万円以下の罰金」とした。』(Yahoo!ニュースより)


遅ればせながら日本でも少しずつサイバー犯罪に対するインフラの整備が進んで
来ました。ウイルスに作ったもの、関わったものに法律により罰せられるインフラが
出来たことで被害を未遂で終わらせることが出来るかもしれません。

しかし、だからといってウイルスがなくなるわけではなく、自己防衛はしなくてはなりません。
アンチウイルスはよりよいもの、よりよい環境を提供できるソフトを検討しましょう。

Twitterでもセキュリティ全般のつぶやきなどをしているのでフォローお願いします。
アカウント名はSpysweeperJapanです。よろしくお願いします。

ありがとうございました。
[PR]
by spysweeper | 2011-06-17 19:23 | セキュリティ全般