ブログトップ

PCセキュリティ四方山話

spysweeper.exblog.jp

アンチウィルス、アンチスパイウエア等PCセキュリティに関する四方山話

力を合わせてウイルス退治!

e0224062_18395667.gif


こんにちは。
今日も涼しいんだか暑いんだかよくわからない気候でした。
どちらにしても、夏っぽくない気候ですね。

さて、昨日のブログで書いた情報処理推進機構(IPA)の記事で同機構が更に
こんなことも書いてあったので追加します。

スマートフォンを安全に使う6カ条

1. スマートフォンをアップデートする
2. スマートフォンにおける改造行為を行わない
3. 信頼できる場所からアプリをインストールする
4. Android端末ではアプリをインストールする前にアクセス許可を確認する
5. セキュリティソフトを導入する
6. スマートフォンを小さなPCと考え、同様に管理する

以上の6ヵ条だそうです。
確かに、スマートフォンはPCと携帯電話の間ですから管理には十分注意しなければ
いけませんね。
私もスマホですが、参考にしたいと思います。
あっ、そういえばアップデートしてない…。

はい、さて本日は…

官と民の協力タッグ

『警察庁は4日、特定の企業や政府機関を狙ってメールを送り付け、
機密情報を盗み出すサイバー攻撃「標的型メール」について、
同庁がプログラムの内容を分析して、民間企業約4000社に情報提供すると発表した。
分析結果はセキュリティーソフト会社にも提供し、ウイルス対策ソフトの
改良に役立ててもらう。
標的型メールは不正なプログラムが組み込まれ、添付されたファイルを開くと
ウイルスに感染し、パソコン内の機密情報が流出するように仕組まれている。
国内では2006年ごろから把握されているが、市販の対策ソフトでは検知できない。
政府機関や企業の正規のメールアドレスを装って個人宛てに送られることが多く、
不正なメールと気付かずにウイルスに感染し、情報が流出する恐れがある』
(Yahoo!ニュースより抜粋)

ウイルス対策に国が本格的に乗り出すのはありがたいですね。
これで日本では、ウイルス作成者(個人)VS警察庁(国)の構図になり
これにより、ウイルスなどが少しでも減少してくれればいいのですが。
ただ、年間のウイルス件数を考えれば…先が長い…。
しかし、国が対応に乗り出してくれるというのは大きいです。
ぜひとも期待しましょう!

今日はここまで。

ちなみに、Twitterでもセキュリティ全般のつぶやきなどをしているので
フォローしていただけるとうれしいです。
アカウント名はSpysweeperJapanです。

ありがとうございました。http://webroot-spysweeper.jp/webrootlineup/
[PR]
by spysweeper | 2011-08-04 18:43 | セキュリティ全般