ブログトップ

PCセキュリティ四方山話

spysweeper.exblog.jp

アンチウィルス、アンチスパイウエア等PCセキュリティに関する四方山話

平日の初更新となります。

今回は最近話題の偽ウィルスソフト「Think Point」の削除方法です。

「Think Point」とは、何らかの形でパソコンに侵入してきて、そのアイコンをクリックすると感染してしますソフトのことです。

なぜ感染するのかというと、ウィンドウズのロゴなども使用していて、何らかのソフトのインストールなのかな、とそのままインストールをしてしまうからです。

インストール後、それで「ウィルスに感染したので、駆除するためにソフトを買ってください。」ということになり、それを購入する際に名前、クレジットカード番号といった貴重な情報を盗んで行ってしまうというものです。

くれぐれも見かけないアイコンを見てもすぐにクリックしないようにしないといけないですね。

ちなみに今回は万一クリックしてしまった際の「Think Point」の駆除方法となります。

【ステップ】
1. パソコンの電源を入れ、「F8」ボタンを断続的に押し、Windowsをセーフモードとコマンドプロンプトにて立ち上げます。下図のように黒い画面が出たら、[セーフ モードとコマンド プロンプト]をキーボードの「↓」で選択し、「Enter」キーを押します。

e0224062_2151730.jpg


2. 下図のようなウィンドウが立ち上がります。

e0224062_2153872.jpg


3. 「cd..」(CDの次はピリオド2つ)とキーボードで入力して「Enter」キーを押します。(C:¥Windows>と表示されます。)

e0224062_2155836.jpg


4. 「Explorer」と入力して「Enter」キーを押します。
(C:¥Windows>と表示されます。)

e0224062_2161627.jpg


5. 下図のようにタスクバーやスタートバーが表示されます。

e0224062_2163280.jpg


6. スタートボタンをクリックして、[プログラムとファイルの検索]のところに「C:¥users¥ユーザー名¥appdata¥roaming」と半角で入力してEnterキーを押します。

e0224062_2164838.jpg


※上記はユーザー名が「owner」の場合の入力例です。
※たとえば、ユーザー名が「taro」の場合は「C:¥users¥appdata¥roaming」と入力します。

7. フォルダが開かれます。フォルダの中から「hotfix」や「thinkpint」と書かれた「アプリケーション」を探し、右クリックメニューで「削除」を選択します。(左クリックすると、ウイルスが活動を開始することがございますのでご注意ください。)

※まれに「0.83574621334」のような数字の羅列名のついた実行ファイルもございます。下図のhotfix.exeのアイコンと同じものを探し、削除してください。

※念のために「C:¥users¥ユーザー名¥appdata¥Local」フォルダ、および「C:¥users¥ユーザー名¥appdata¥Local¥Temp」フォルダも確認してください。

e0224062_2173962.jpg


8. 下図ようなウィンドウが立ち上がります。「はい」をクリックすれば削除完了です。

e0224062_218079.jpg


怖いソフトですね。ついクリックしてしまいがちですので、まずは防御を。
それでもやられてしまいましたらこのブログを思い出して駆除してくださいね。

それでは次回をお楽しみに!?
[PR]
# by spysweeper | 2011-02-08 21:15 | アンチスパイウェア
ちょっと間が空いてしまいました。エレガントな更新頻度ですみません。(汗

前回ご紹介したワンクリックウエアの削除方法、お役に立ちましたか?
それでも消えない!とお困りの方に追加の情報です。

それでも消えないのは稀に、タスクスケジューラにタスク作成している場合があるからです。
以下の手順でタスクを削除します。

1.『スタートボタン』>>>『コントロールパネル』の順にクリックします。

e0224062_13315395.jpg


2.コントロールパネルを表示したら、表示方法『カテゴリ』の『小さいアイコン』(Windows7、もしくは『クラシック表示』(Windows Vista)をクリックします。

e0224062_13334217.jpg


3.『管理ツール』をダブルクリックします。

e0224062_13342132.jpg


4.タスクスケジューラをダブルクリックします。

e0224062_1335950.jpg


続きはこちらから(あと少し!)
[PR]
# by spysweeper | 2011-02-05 13:41 | セキュリティ全般
アダルトサイトのワンクリックウェアに感染してしまい、高額請求のウインドウが立ち上がってしまう場合は次の手順に沿って削除してください。

1.スタートボタンを押します。
e0224062_1534882.jpg


2.「プログラムとファイルの検索」に「msconfig」と入力し、Enterキーを押します。
e0224062_158893.jpg


3.「システム校正」が立ち上がります。「スタートアップ」タブをクリックして。「Windows Internet Explorer」の隣のチェックボックスをオフにします。
e0224062_15122522.jpg


4.「コマンド」にあるファイルを確かめます。(この場合は C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roamingフォルダに存在します。)
e0224062_1516742.jpg


5.再び、スタートボタンを押して、ステップ4で見つけたワンクリックウェアのフォルダまで移動します。 C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming と入力し、Enter を押します。
(例:ユーザー名が Owner なら C:¥Users¥Owner¥AppData¥Roaming と入力します。)
e0224062_15202235.jpg


6.ステップ4で見つけたファイルを探します。
e0224062_15215763.jpg


7.ファイル上で右クリックします。「削除」を選択します。
e0224062_15233962.jpg


続きはこちら
[PR]
# by spysweeper | 2011-01-30 15:35 | アンチウィルス
e0224062_11462110.jpgパソコンはネットにつながり常にウィルス、スパイウェアの脅威にさらされています。
そういった脅威からパソコン環境を守るためにアンチウィルス、アンチスパイウェアソフトがあります。
ここではspysweeperという全米第2位、アンチスパイウェアでは世界1位のWebroot社製のソフトにまつわる、様々なお役立ち情報を綴って参ります。
皆様の快適なパソコンライフにお役立て頂ければ幸いです。
 
[PR]
# by spysweeper | 2011-01-30 11:47 | セキュリティ全般