ブログトップ

PCセキュリティ四方山話

spysweeper.exblog.jp

アンチウィルス、アンチスパイウエア等PCセキュリティに関する四方山話

タグ:ワンクリックウェア削除 ( 4 ) タグの人気記事

こんにちは。
今日で今週も終わりですが、月曜日がお休みというだけで
いつもより一週間が早く感じました。
昨日に引き続き今日も涼しい一日でしたが来週からは
暑さがまた復活するとの事です。

さて、本日は…

現実社会とネット社会の差?

『警察庁は22日、2011年版警察白書を公表した。
深刻化するサイバー犯罪の実態や新たな手口への対応を特集。
インターネットの利便性が飛躍的に向上する一方で、名誉毀損(きそん)や
誹謗(ひぼう)中傷に関する相談件数が増加するなど、サイバー空間を
取り巻く状況は「むしろ悪化している」とした。
ハイテク犯罪の特集は1998年、06年に続き3回目。同庁はネットの
利用環境が大きく変化し、かつては好奇心を満たすための不正アクセスが
多かったが、現在は、商品をだまし取ることなどを目的としたケースが大部分だとしている。
白書によると、サイバー犯罪の摘発件数は統計を取り始めた01年から
9年連続で増加。児童ポルノ画像の氾濫など、違法・有害情報の通報も
急増傾向にあり、昨年は4万4683件と前年より1万715件も増えた』
(Yahoo!ニュースより)

時事問題に関連したスパムなどが今年に入って増加しました。
違うニュースでは、現実社会とネット社会を比べるとネット社会のほうが治安が
悪いといわれています。
しかし、そんな話になったのならば、注目されているかされていないかの差だけで
ネットが悪くなったというわけではないと思うのですが…。
ただ、増加しているのは本当です。

ネット社会でも現実社会でも、自己防衛することが大事ではありますので、
出来ることはしましょう!

ちなみに、Twitterでもセキュリティ全般のつぶやきなどをしているので
フォローしていただけるとうれしいです。
アカウント名はSpysweeperJapanです。

ありがとうございました。http://webroot-spysweeper.jp/
[PR]
by spysweeper | 2011-07-22 18:19
e0224062_1953912.jpg


本日東京は、雨降りです。
天気図を見たら日本が全体的に曇っているようですね。
昨日との気温差が激しいです。季節の変わり目なので体調に気をつけましょう。

さて、本日はパスワードに関してです。
昨今では、パスワードの代替手段として高度な認証が増えており、ユーザビリティも格段に上がってきてはいますが、それでも本人確認として利用されているのは、圧倒的にパスワードが多いです。
皆さんが使っているであろうTwitterやmixi、facebookでも本人認証はパスワードです。

しかし、パスワードのみによる認証には弱点があり、深刻なセキュリティ上の欠陥を生み出しています。

最近、ソニーの一件でハッカーというワードを聞く機会が増えましたが、ハッカーがデータ収集のために行う攻撃では、通常、コンピュータユーザの入力操作を盗み出すキー路がーやスクリーンスクレーパーのようなマルウェアや違法技術が悪用され、パスワードが盗まれます。
安全対策が十分ではないWebサイトから、パスワードが流出する場合もあります。

ログイン情報の紛失や盗難は、人々の名誉やプライバシーを傷つけるきっかけになったり、カード情報や金銭に絡むことに発展したりと大変な被害をもたらします。

フィッシングやスパイウェアによるリスクは決して小さなものではありませんが、パスワードを不用意に扱うことの危険性に比べれば…比べることではないかもしれませんがリスクとしては、高いというのは理解して頂けると思います。

以前流出事件があった際に、あまりにも多くのユーザが「123456」、「password」、「qwerty」(キーボードの上段の文字列)といった単純で簡単に推測されるパスワードを使用していることが判明しました。
また、複数のサイトで同じパスワードが使い回しされていることも多く、しかもほとんど変更されていない場合が多いことも判明しました。

そこで、アカウント情報を盗まれないようにするには…
1、出来る限りパスワードの文字数を増やし、複雑にすること。
 複数の文字タイプ(文字、数字、記号など)を使用し、よく知られている言葉やフレーズを避けてください。
2、複数のサイトで同じパスワードを使いまわさない。
 Twitterやmixi、facebookなどで同じパスワードを使用しているという方も多いかと思いますが、あまり好ましくないのでやめましょう。そして、パスワードは定期的に変更すること。ネットバンキングなどの機密性が高いものは特に気をつけてください。
なお、ビジネスにおいては、ワンタイムパスワードなどがありますのでそういったものを有効活用すると非常に高いレベルのセキュリティを実現できます。

spysweeperでは、インターネットセキュリティから個人情報の保護といったところまで兼ね備えたソフトです。なにより、動作が軽くストレスフリーというのはビジネスにおいてもプライベートでの使用においても重要なことだと思います。
ぜひ一度、ご検討ください。http://webroot-spysweeper.jp/

ちなみに、Twitterでもセキュリティ全般のつぶやきなどをしているのでフォローしていただけるとうれしい
です。
アカウント名はSpysweeperJapanです。あわせてよろしくお願いします。

ありがとうございました。
[PR]
by spysweeper | 2011-05-11 19:06 | セキュリティ全般
e0224062_1832145.jpg

こんにちは。
本日は局地的に豪雨とか聞きました。東京でも降っていますが
そこまで強い雨ではないです。
ただ、昼間はほんとに夏日ですごく蒸し暑かったです。
28℃だそうですが、明日は18℃くらいになるとかどうとか。

さて、本日はワンクリック詐欺についてお話したいと思います。
ワンクリック詐欺とは、通常のアダルトサイトや出会い系サイトに
似せた悪意のあるサイトもしくはスパムメールを発端とし、正当で
ない契約提示および料金請求を行う詐欺です。
サイト内またはスパムメール内に表示された「次へ」や
「Enter/入る」などのボタンやリンクをクリックすると、いきなり
「ご入会ありがとうございました」という一方的な契約完了のメッセ
ージと共に、高額な金額請求ページが表示されるというものです。
以前は文字通りトップページからワンクリックで請求画面につながる
ことが多かったため、そのままワンクリック詐欺と呼ばれていましたが、
複数のクリックさせるものも確認されているそうです。
実は、このワンクリック詐欺、日本で頻繁に行われているということを
皆さんはご存知でしょうか。

海外では、同様の類いとして「ランサムウエア」という不正プログラムが
主流です。ランサムウエアとは、一言で言えば身代金要求プログラムで
あり、感染するとPC内のファイルを勝手に暗号化し、元通りにしたければ
「解除のための代金を支払いなさい」または「復号するためのプログラム
を購入しなさい」といった警告メッセージを表示するという少し強引な詐欺です。

もちろん前々からお伝えしているとおり、こういった類のメールやサイトには
開かず、アクセスしない事がなによりの防御策です。

しかし、それでも被害が収まらないのは、メールを開いてしまう、アクセスする人が
いるからです。

それを守るのが、spysweeper
まずは、予防をしっかりすることが大事ですね。
ぜひとも一度見てみてください。動作も軽くセキュリティもしっかりしてくれる。
米国No.1の実績は伊達ではありません。

ちなみに、Twitterでもセキュリティ全般のつぶやきなどをしているのでフォローしていただけるとうれしい
です。
アカウント名はSpysweeperJapanです。あわせてよろしくお願いします。

ありがとうございました。
[PR]
by spysweeper | 2011-05-10 18:32 | セキュリティ全般
アダルトサイトのワンクリックウェアに感染してしまい、高額請求のウインドウが立ち上がってしまう場合は次の手順に沿って削除してください。

1.スタートボタンを押します。
e0224062_1534882.jpg


2.「プログラムとファイルの検索」に「msconfig」と入力し、Enterキーを押します。
e0224062_158893.jpg


3.「システム校正」が立ち上がります。「スタートアップ」タブをクリックして。「Windows Internet Explorer」の隣のチェックボックスをオフにします。
e0224062_15122522.jpg


4.「コマンド」にあるファイルを確かめます。(この場合は C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roamingフォルダに存在します。)
e0224062_1516742.jpg


5.再び、スタートボタンを押して、ステップ4で見つけたワンクリックウェアのフォルダまで移動します。 C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming と入力し、Enter を押します。
(例:ユーザー名が Owner なら C:¥Users¥Owner¥AppData¥Roaming と入力します。)
e0224062_15202235.jpg


6.ステップ4で見つけたファイルを探します。
e0224062_15215763.jpg


7.ファイル上で右クリックします。「削除」を選択します。
e0224062_15233962.jpg


続きはこちら
[PR]
by spysweeper | 2011-01-30 15:35 | アンチウィルス